ショウガの壺 - ミョウガなら庭で育つ!









種生姜、生姜の種とは?

種生姜、生姜の種とは?


種生姜


種イモのように育てる
生姜はジャガイモのように種芋のような生姜の種というものがあります。

種苗屋さんで購入できるものが一番、発芽の心配がありません。

しかし、いわゆる生姜です。

芽さえでれば八百屋さんで売られている生姜で問題ないです。その鮮度が重要なようで、新生姜の方が発芽が容易とのことです。

今まで生姜と新生姜の区別もあまり気にしていませんでした。

しかし、種生姜、生姜の種ということを考えると、大事なことのようです。


新生姜を手に入れる


新生姜は見た目は少し白く、まだ若いという感じがします。

5月頃から店頭に並ぶと思います。これを入手します。

古い生姜は根生姜と呼ばれ、すりおろして薬味にします。うどんなどに添えたり、カツオのたたきに添えたりと有名なものです。

新生姜は実は白い半透明に近く、酢漬けになってガリと呼ばれ、寿司屋さんなどで食べられます。また、刻んで赤く染めたものが紅しょうがと言われています。

これは古い根ショウガでは辛味成分が多すぎるので、生で食べるのには向かないそうで、このような、新生姜を使うそうです。辛味も少なく、繊維質も少ないので柔らかいということもあります。



種生姜
種生姜をよく見てみます。
このような突起がいくつもあります。

種生姜の上側
ここは葉を切った後です。

種生姜
この向きで地面の上を向いていたことになります。

種生姜
非常に小さいですが、これが生姜の芽の元のような感じです。

生姜の芽
ほんの少しだけ出っぱっています。